トップ

注文住宅でマイホーム

夢のマイホーム購入のタイミング

一軒家のマイホームを建てよう

一軒家のマイホームといえば誰もが憧れる夢ですが、タイミングがわからないという人も多いのではないでしょうか。子供が大きくなる前に、と考える人もいれば、金銭面がどうしても気になってなかなか踏み切れないという人もいらっしゃることでしょう。ここでは夢のマイホームを購入する時のタイミングについて、お話します。

一般的な家を購入する場合の自己資金は、購入代金の2割から3割以上あれば希望する物件を購入することができます。分譲住宅であっても、注文住宅であっても、そこは変わりません。

その後はローンを組んでいくという形になる場合がほとんどです。ローンの組み方というのがよくわからないと不安に思っている人も、安心してください。

家を購入する際は、必ずその物件に提携しているローン会社というものがあります。しかし、必ずその会社を利用しなくてはならないというわけではありません。自分の返済能力やプランなど、考えにあったローン会社を探しましょう。

ローン会社が決まった際には、事前審査を受けます。そこで審査に通過するか確認してもらうことになります。次に、住宅ローンの申込をして、審査に通過すれば契約を結ぶ、という流れになっていきます。審査はご自身の返済能力や担保価値を見ながら融資額が決められるようになっています。

家を建てるとなった場合のタイミングとしては、若いうちが有利と言われています。住宅ローンは30年や35年といった長期間に設定されているものが多いです。仮に40歳で購入した場合、35年ローンを組むと払い終わるのは75歳ということになります。

当然、そんな年まで働くのは難しいでしょうから、こうして考えていくと、ローンの返済リミットは60歳だと考えるべきでしょう。30年ローンを組むのなら、30歳でスタートすることが理想ということになります。

さらには子育てが始まる30代こそ、働き盛りで家を建てるタイミングに適しているとも言われています。子供はすぐに大きくなりますし、少し早いと思っても将来のことを考えて、家族が暮らしやすい理想の家を建てるというのも良いことではないでしょうか。

Copyright © 夢のマイホーム購入のタイミング. All rights reserved.